鯖缶の汁活用してる?捨てるなんてもったいない栄養成分とは!

鯖詰めの汁あなたはまさか捨てていないだろうか?
捨てていたなら、「もったいないよ!」って

大声で叫んでいただろう……笑

鯖詰めの汁、一見捨てたほうがいいと思うだろうが、
その汁、栄養が詰まってることは知っていますか?

お汁は料理に活用するのが、絶対にいいんです。
活用しないと損ですよ……
勿体なさすぎる…

そこで私考えました!何故人は鯖缶の汁捨ててしまうのか?

それは、鯖缶の凄さを理解できてないからじゃないか?
だったら、鯖缶の凄さを語ろうじゃないかと…?

略して、筋トレマニアが語る、鯖缶の良さ全部伝えよう作戦!!
そのまんまですね~笑

鯖缶のことが持っと知りたい方は続きをみよ!

鯖缶の汁捨てるの?活用しないともったいない!

鯖に含まれている必須脂肪酸のEPAが、痩せるホルモンと言われている分泌液の促進を促し、ダイエットに効果を発揮します。

必須脂肪酸は体内で合成できずに、食事からしか摂取することができません。
そこで安く美味しくお手軽に食べることのできるのが、鯖缶です!

ビタミンやタンパク質などの栄養成分の含まれる鯖は優秀な食材です。
我々の救世主ですね!笑
そんな鯖缶ですが、入っている鯖缶の「汁」、まさか捨てるなんてことしてないでしょうか、、?

EPAを効率的に摂取するには、鯖缶の汁まで一滴残らず使い切ることがベストです!
EPAは鯖の油に含まれており、実はその多くは煮汁に溶け出しています。
ちなみに鯖は焼いても魚の油が下に落ちてしまうので、少しもったいことをしているんですよね(笑)

また、鯖缶の汁まで使い切ることができれば、EPA量は鮮魚とほぼ同じなのです!
今まで捨ててきたの後悔してきませんか?笑

鯖缶に含まれる栄養成分とは!

EPA同様、不飽和脂肪酸の一種である、DHAもたっぷり含まれています。
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

DHAには、アルツハイマー病や認知症の予防や、中性脂肪を減らしたりする効果が期待できます。

また、ストレスの緩和や精神的な病気の予防にも効果があるとされています。
現代に生きる私たちにとっては、とても必要で重要な栄養です。
積極的に食べていきたいですね!

ダイエットや筋トレ中などにもおすすめしたいです。
鯖缶であれば、魚をさばいたりする手間もかからないので、簡単で美味しくしっかり栄養も取れてどんどん活用していきたいところです

鯖缶と食物繊維で痩せる効果がアップする?

痩せたいあなたにおすすめしたいのが、鯖缶を食べるときに食物繊維を組み合わせることです!
鯖缶を食べるだけでも十分に痩せるホルモンが増えるのですが、よりダイエット効果を得ることができます。

食物繊維には…

●便秘を解消
●デトックス効果
●コレステロール値を下げる

このような健康効果があります。
便のかさを増して柔らかくし便秘解消に効果大です。
ひじきや、キクラゲ、アボカド、納豆、わかめなど、プラスして食べるのが良いでしょう!

鯖缶の汁の活用した栄養満点おすすめレシピ

【材料】

●鯖缶 1缶
●ひじき (戻したもの) 40g
●レタス 2枚
●ご飯 茶碗2杯
●卵 2つ
●醤油 小さじ1
●ごま油 小さじ1

【作り方】

1 レタスは洗って食べやすい大きさにちぎっておく。
2 フライパンにごま油を熱し、ひじきと鯖を入れてさっと炒め一度取り出しておく。
3 といた卵を同じフライパンで焼き、ご飯も加えて強火でパラパラになるまで炒める。
4 2とレタス、鯖缶の汁も加え大きく炒め合わせ、醤油まわしかけたら完成。
ひじきとレタスで歯ざわりもよく、食物繊維もたっぷり取れるレシピです(^ ^)

まとめ

鯖缶にはたくさんの素晴らしい栄養がたっぷり含まれており、様々な生活習慣病を予防してくれたり、デトックス効果も期待できます。

そして缶に入っている汁にも栄養分が染み出しているので、絶対捨てずに使い切りましょう!
捨てるなんて、もったいないですよ!笑
含まれる不飽和脂肪酸が優秀な働きをしてくれるので、魚は積極的に食べるようにしましょうね。

魚をさばいたり、なんだか生臭いし、内臓とか気持ち悪いって思いますよね(笑)
そんな時にこそ鯖缶です。

時間の短縮にもつながり、美味しくて、栄養も取れて最強なんです。
色々な料理に活用していきましょう!
食物繊維も同時に取ることで、ダイエットにも効果的になりますよ!