「痛いなあ!何故筋トレ後、筋肉痛治らないのか」?本当の原因とは

あなたはふと疑問に思ったことありませんか?
「筋肉痛治らないけど、原因は何?筋トレしてもいいの?
食事は」など、、、

もしかしたら一度は考えたことがあるかもしれません、
筋トレって奥が深いので、未だに解明されていないことまだまだあるんですよね!

知るか、知らないかで、体の効果も変わっていきますので、
「知らないでいいや」じゃなくて、知ることであなた自身の
筋トレの取り組み方も変わって行くと思います。一つでもいいので、学んでいきましょう!

筋肉痛が治らない原因は?

まず筋肉のメカニズムから学んで行く必要があります!

筋肉は、あなたがその繊維を損傷すると感じると、その繊維を修復しようとします。
繊維を回復する過程で、その繊維周辺の体の組織から、

・ブラジキニン
・ヒスタミン
・セロトニン
・プロスタグランジン

この4つの物質を生み出すことが考えられています。
この物質は痛みの原因となる物質であり、筋肉の膜を刺激することにより、生産されるので、筋肉が傷まないと、筋肉痛はおこることがありません!

ですが、極稀に、何もしていないのに筋肉痛が起きることがあります、数日立っても良くならない場合、病気の原因も考えられる可能性がありますので、注意が必要です。

筋肉痛治らないけど筋トレしても大丈夫か?

結論から先にいいますと、休んだほうがいいですね!
筋肉には休息が必要なんですが、それなには超回復が関係しているからですね!

筋繊維についた傷は修復される段階で少し太くなり筋肉量が増えていきますが、この流れを「超回復」と呼び超回復するには48時間~72時間ほど時間が必要になります。

筋トレマニアの中には「毎日やらないと気が済まない」っていう猛者がたまにいるんですが、、、笑笑

そういう方は気持ち軽い筋トレなどにできればとどめてほしいですね、例えば、自重トレーニングなどですね!

必見!筋肉痛早く治す方法とは?

1番効果的なのはお風呂入った後のストレッチやることです。

軽めのストレッチなら硬くなっている筋肉を柔軟にする効果があり、血流を活発にしてくれます。

それも長く、私は1時間ぐらい、やっていただきたいですね、ですが時間がない方は、5分間でもいいので、筋肉痛の場所をひたすらストレッチかけてやることです。

栄養補給することも大事です。

筋肉痛を治す方法には栄養補給が欠かせませんが、効率的な回復効果を与える為には筋肉の組織を構成するタンパク質がオススメです。

身体に吸収しやすいものとして「プロテイン」がありますので低カロリーで質のよいタンパク質を摂取したい時にオススメです。

また食べ物から栄養をしっかり吸収するためには、早食いは消化吸収に時間がかかり胃腸の負担になります。咀嚼回数を増やし消化しやすいように心がけましょう。またゆっくり食べることで満腹感がでやすくなりますので、ダイエット中の人にもメリットになりますよ!

筋肉痛起きる人、起きない人の特徴とは?

1番多いのが、筋肉自体に追い込みをかけているか、かけていないかだと思います。

「追い込みかけてやっているよ」っている方もいるんですが、強度があなた自身の体に慣れてしまっているんですよね、なので、強度を上げることが大切ですし、もしくはセット数を増やす、休憩時間を短くするなどが大切です。

ですが注意点として、筋肉の肥大かには筋肉の追い込みが必要なんですが、無理に追い込みかけてやることはやめてください、怪我の原因になっていきますので、あなた自身のペースで行って行くようにしてください!

まとめ

筋肉痛が治らない方は、休みを入れることが、大事です。
私自身、筋トレ初めた当初、毎日のように筋トレして、追い込んで、、、

結果、怪我してしまいました。本当自業自得ですね。笑

今の世の中情報がありすぎているので、正しい知識をあなた自身で見極めて、そして勉強していくことが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする