【保存版】さんが焼きとは?最高に美味しく食べる方法

さんが焼きとはいったいどんな料理なのか…

知らない人も多いと思うので、簡単ではありますがご紹介しますね…

それに…

さんが焼きって、色々とほかの料理にも応用できるので、最高ですよ!

私なりのさんが焼きの魅力も伝えればいいかなあと( ´∀` )

それでは行って見ましょう!

さんが焼きとはどんな料理なのか?

房総半島近くの海で、アジイワシ、サンマなどの魚がたくさん取れる場所!

こちらで漁師たちは魚を船の上で、味噌と一緒に細かくたたき、【なめろう】という料理を作ったんですよね!

そして…

漁師は山へ仕事に行くときには「なめろう」を入れて持っていき小屋で蒸したり焼いたりして、食べたんですよね!

山の家で、食べた料理ということで、山の家=さんが焼きと呼ぶようになったそうです!

そして上の画像にある写真がさんが焼きですね…!

簡単にわかりやすく言うと、魚のハンバーグを想像したらわかりやすいですね!!( ´∀` )

バーベキューで簡単に作れるさんが焼き!レシピ

★材料と分量【4人分】

●アジ

●ショウガ

●万能ねぎ

●シソの葉

●味噌

どうですか?

材料も少なくていいので、

慣れたら簡単にすぐに作ることが可能!

さて次は、作り方の順番を見ていきましょう!

作り方順番

①万能ネギとショウガは、みじん切りにしましょう!

②アジをよく洗い、三枚におろす。身を小さく切ってから、たたくように細かく切る。たたく方向は、数回ごとに変え、粘りがでるまで続ける。

③粘りが出たら、①を加え、さらにたたく。みそを加え、包丁でよく混ぜ合わせる。味噌がまざかりにくいので、偏らないように気を付ける。

④用意しておいた貝に③を詰めて、最後にしその葉をのせ、網の上で焼く。表面が白っぽくなったら最高!中がレアな状態が上手い。

ポイント

魚は生食できるくらい鮮度の良いものを選ぶ!

さんが焼きをもっと美味しく食べる方法とは?

さんが焼きをもっと美味しく食べる方法として、
私なりに言えることは、調味料を変えること!

例えば

●辛味などの調味料を加える!

●カレーなどのスパイスを加える

●ワサビをいれる

●マヨネーズなど入れて、子供が好きな味付けにする

●柚子胡椒を入れる

●梅などの梅肉加える

●焼肉のたれなどをつける

●ショウガを加える

●ニンニクなどを加える

注意

ニンニクは口の匂いが気になるかたは、やめたほうがあいいかと( ノД`)シクシク…
結構ニンニク食べた後って、口が本当に臭くなり、相手に不快な思いをしてしまうので、注意が必要な食品ではありますね…!

さんが焼きを別の料理に大変身?

さんが焼きを作る過程で、要は焼く前の段階で…なめろう段階!

●パン粉にししてフライにしてみたら、魚のフライになりますよね
まあこれだけだも、夜のおかずになるし、美味しいこと間違いなし…

●餃子の具材にしてみるのも面白いですね…
普通は、ミンチの肉などを使うと思いますが、あえて、なめろうを使う!

結構癖になる味で、変な魚の臭みはありません!

ビールのつまみには最高ではありますよね…( ´∀` )

●なめろうをチャーハンにしてみるのもいいですね…

簡単に卵を加えて、そのあとになめろうを加える!
味付けを塩、コショウで整えるだけ!

普通そんな料理はしないと思いますが、結構おいしいので、試してみる価値はありますね…

まだまだ色々料理に使うことができるのが!
万能ではあります!( ´∀` )

まとめ

さんが焼きとはいったいどんな料理なのか?
レシピを含めご紹介しました!

いやー本当に美味しいので作ってほしいですね…( ´∀` )

さんが焼きをそのまま食べてみることも最高ですが、上でご紹介した、さんが焼きを別の料理にして食べることもオススメですね…!( ´∀` )

私おすすめしたい食べ方は一番は、外のバーベキューなどで、さんが焼きを作って食べる!
外の空気を吸いながら、友人、また家族と一緒に食べる!

幸せではありますよね!

最後までブログを見ていただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする