アナウンサーの仕事内容とは!1日の流れをじっくり見ていこう!

アナウンサーの一日の仕事内容知りたくないですか?(笑)

日々どのような流れで、仕事を行っているのか?
アナウンサーってどんなことが大変

やりがいは?

楽しい時、苦しい時は?
あなただけに全部教えちゃいます!
さあアナウンサーのことについて深く知って行きましょう!

それじゃあ続きは下をスライドして、見てね!(笑)

アナウンサーの仕事一日の流れ!

テレビアナウンサーってどんな仕事なの!

それは…

ニュース番組やバラエティ番組スポーツ中継などでニュースや情報を伝え司会進行や実況しますよ!

番組の映像につけるナレーションの仕事もします日本語の読み方でアクセントを正しく話しそして分かりやすく様々な情報を視聴者に伝える仕事なんですよね!

 ニュースを伝える

テレビには早朝から深夜までニュース番組が数多くあります!

ニュースは最新の情報を伝える必要があるためあらかじめ収録しておくわけにはいきません多くが生放送されるんですよね!

あなたは知っていましたか?
私自身アナウンサーのこと全然知らなかったので、調べた時はびっくりしました!(笑)


これらのニュース番組では政治の話題からスポーツの話題までその日の様々な出来事を取り上げます。

そのためアナウンサーは自分で直接取材するほか、普段から取材やインターネット雑誌によく目を通しているんですよね!

特にニュースによく登場する国内外の政治や経済の動き地名、政治家の名前などを理解しておく必要があるんですよ…!

(大変な仕事だなあ~)

 放送前の打ち合わせした読み

毎日お昼前に放送される15分のニュース番組ではアナウンサーは放送が始まる2時間ほど前にメイクや衣装を整えます。

そして放送の1時間ほど前に、番組の制作をまとめるディレクターたちと打ち合わせを行います

1★一番大きなニュースを最初に!

2★国内の重要なニュースは次に!

3★スポーツは最後に!

まとめてと言ったようにどのニュースをどういう順番で伝えるのかを確認します!

放送30分前からアナウンサーが読むニュース原稿が揃い始めますアナウンサーはニュースを一字一句正確に伝えるために放送の直前までにした読みを繰り返します…!

明るいニュースは明るい声で!

事故や事件のニュースは落ち着いた声で!

声の調子も自分で考えます。

もし伝える内容や読み方に自信のない部分があったらすぐに情報の取材を担当している記者などに確認!

放送中15分前にはリハーサルを行い、立つ位置や照明の具合をチェックします。

いつも同じ場所で放送してはでもアナウンサーの服の色によって照明を変えるなどの細かい調整が毎日必要です!

 本番

放送時間になったらいよいよ本番です!

アナウンサーはフロアマネージャーの出す合図に従ってニュースを伝えます!

ニュース原稿は正面のカメラの上に設置された画面に映し出されますそのため顔を正面に向けたまま原稿を読むことができます。

ニュース番組は生放送なので時には一つで起こった大事件などの臨時ニュースを伝えなければいけません。

また急に音声が出なくなったり中継先との連絡がうまくいかなかったりするトラブルも起こります。

そんな場合にアナウンサーが動揺すると視聴者が不安な気持ちになることがあります。アナウンサーにはどんな時代にも落ち着いてニュースを伝えられる冷静さが必要です。

これが、アナウンサーの一日の仕事流れですね…

うーむ……

改めて大変な一日の毎日を過ごされているんだなあと感じます!

まとめ

アナウンサーの仕事の一日の仕事流れを紹介しました!
あなたはどう感じましたか?

将来あなた自身がアナウンサーなりたいって、少しでも感じていただいたら、
ありがたいですし、「すごく参考になった」!思って頂けたら、幸いです!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする