西谷浩一の若い頃や生い立ちは?高校や大学【学歴】を調査!

名門大阪桐蔭の監督されています。西谷浩一さん!
数多くのプロ野球選手を輩出され、甲子園の常連でもある、大阪桐蔭!

西谷浩一ってどんな人なのか?
気になる人は多いのではないかと感じます。
そもそも、西谷浩一さんの若い頃、生い立ちはどんな経歴があるのか?

そして…
小学校・中学・高校・大学などの学歴が気になります。
気になる人は続きを見てください!

西谷浩一の小学校・中学・高校・大学【学歴】まとめて紹介!

大阪桐蔭の監督西谷浩一【にしたにこういち】さんの学歴について見ていきます。

まずは小学校からです!
調べて行きますと…

小学について公表はされていませんでした。

SNS上調べても残念ながら情報として載っていません。
ですが…

西谷浩一さんの出身を調べて行きますと…

兵庫県宝塚市ということが判明しました。
だとすると…

宝塚市の小学校の出身の可能性が高いですよね…

因みに、西谷浩一さんの中学はTwitter上での情報ですが…

長尾中学を卒業されている情報がありました。

なので、小学校は…

宝塚市立長尾小学校

宝塚市立長尾小学校

上記の2つのうちどちらかの可能性が高そうです。

続いて高校について見ていきます。

調べて行きますと…

報徳学園に入学されていることが判明しました。
兵庫県のある学校です。

最後に大学です!

調べた所…

関西大学に入学されていることが判明しました。
大阪にあります大学です。

以上が西谷浩一さんの学歴についてです!

続いて、大阪桐蔭、西谷浩一監督の若い頃や生い立ちについて見ていきましょう!

大阪桐蔭・西谷浩一【にしたにこういち】監督の若い頃や生い立ちは?

大阪桐蔭、西谷浩一【にしたにこういち】監督の若い頃、生い立ちについて…

まず、いつから野球を始められたのか?
幼少期からだったのか?気になる所です。

調べた行きますと…
なんと小学校2年生だったようです。
気になるポジションは不明です。

小学4年生で、ポジションをキャッチャーを守っていたとのことなので、小学2年生ではキャッチャーをしていなかったと判明します。

小学校2年生では身体的に体が出来上がっていない時期だと思いますので、ピッチャーをされていた可能性も低そうです。

なので、私の勝手な予想として、小学校2年生の始まりは外野を守っていたのでは?と感じます。

外野って、走り回ることが多いですし、遠くのボールをキャッチしに行くので、目も養われて行きます。

それに、ボールを体を大きく使って投げますので、肩も強くなります。

あくまで勝手な推測ではありますので実際の所は不明ではありますが…
私一個人の予想として、野球を始めた時のポジションは外野だと感じます。

中学校では、軟式の野球部に入部され、野球をされていたそうです。
詳しい大会での情報だったりは調べても情報としてはありませんでした。

小学校4年生の時から、キャッチャーをされていますので、中学でもキャッチャーをしていた可能性は高そうです。

高校では報徳学園を進学されます。

高校の野球の経歴では、甲子園の出場経験をされていないことが判明しました。

しかもびっくりなのが……

なんと西谷浩一監督の高校3年生の時、不祥事があったようです。
内容はわかりませんでした。

起こしてしまったのが下級生だったようです。
そして、最後の夏の大会の県大会の出場を辞退されていました。


大学では…

先ほどもお伝えしました。
大阪にあります、関西大学に進学されています。
スカウトで入学されていたと思いましたが…

実際の所、一般の試験の合格され、入学されていました。

しかも、西谷浩一さん、高校を卒業を一年浪人生活をされています。

大学では、2年生の秋をめどに、ベンチ入りされています。
ただ、レギュラーメンバーとしてではなく、2番手捕手だったそうです。

チームを影で支えられたそうです。

そして…
西谷浩一さんが凄いのがなんと…
大学4年生の時にキャプテンを務めています。

ただ、キャプテンを任されてはいましたが、レギュラーメンバーして、試合を出場することが出来ず、ブルペン捕手だったそうです。

ですが…
キャプテンをされていたとのことで、当時、大学の野球部の部員は100人以上をいたとのこと!

100人以上を西谷浩一さんがまとめ上げていたとのことなので、強烈なリーダーシップがあったのでしょうね!

凄い方です。

大学のチームの経歴として…

●リーグ優勝

●全日本大学野球選手権大会準優勝

などの入賞を果たされています。

大学を卒業されてからは、西谷浩一さんは一般の企業に就職はされていませんでした。

卒業後選んだ道として、なんと、報徳学園のコーチに一時だけ就任されています。
その後、現在の大阪桐蔭高校に1993年から部長に就任されています。

関連記事

部長として…
5年間務められた後、1998年に監督になります。

そして…
西谷浩一さんが監督に就任されてから…

数々の甲子園の伝説を作られています。
また、その他の大会でも優勝されています。

●2008年甲子園優勝

●2012年春夏優勝

●2012年岐阜国体優勝

●第26回18U野球ワールドカップ【日本代表監督就任】準優勝

●2014年夏の甲子園優勝

●2017年春の甲子園優勝

●2018年春夏の甲子園優勝

●2018年福井国体優勝

本当に凄い方ですよね!

関連記事【2021年大阪桐蔭ドラフト候補】

まとめ

大阪桐蔭西谷浩一監督の若い頃や生い立ちは、小学2年生から野球を始め、ポジションはキャッチャーをされていたとのこと、高校時代では甲子園出場経験はなく、大学時代は控え選手であったが、裏方としてチームを支えられたそうです。
大学4年生では100人以上の部員をまとめるキャプテンを任されていたとのこと!

卒業後は、母校の報徳学園のコーチを務め、大阪桐蔭で部長、監督を歴任されています。
その後、西谷浩一さんが監督をされてから、数々の大会や甲子園で優勝を果たされています。

学歴に関して…
小学校は↓の二つどちらかの小学校の可能性【あくまで私の予想です】

●宝塚市立長尾小学校

●宝塚市立長尾小学校

中学は…
宝塚市立長尾中学校

高校は…
報徳学園

大学は…
関西大学

以上が西谷浩一さんの学歴です。

今後の大阪桐蔭の監督として、甲子園でどんな活躍されるのか楽しみです。
本当に凄い方です。
最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ