睡眠障害?眠れない時にチェックすること!5つのポイント

睡眠障害の言葉を知っていますか?
日本は睡眠不足の影響が計り知れないぐらい、日本中の人たちが、睡眠不足に悩んでいます。

今現在SNSなどのネットワークが広がり、夜遅くまで、携帯やら、テレビゲームが蔓延しています。

私が子供の時からは考えられない時代に変化していきました!( ´∀` )
まあそれだけ日本も豊かになったという証拠かもしれません!

ですが…

その反面、携帯などのSNSの原因により、睡眠障害を子供達が増えていきました!
もちろん大人たちもです。

これは非常によくない状態です。
これからの時代は一人一人が正しい情報を理解して、行動していかなければなりません。
ですが…

さまざまな情報が蔓延していますので…
どれが正しい情報かもわからなくなりました。
大事なことは、あなた自身で考えて行動していくこと、責任はあなた自身でとること、
当たり前のことですが、この言葉を本当の意味で理解している方は少ないのかもしれません!

私が発信している情報は私は医者ではないので、何とも言えませんが、私なりに調べ、また医療関係者に話を聞いて、私なりに実践していき、記事を書いています。

私の記事を読んで、あなた自身の人生に少しもいい方向に影響しているのなら、最高ですね…!

睡眠障害とは一体なんなのか?

睡眠障害とは、睡眠に何らかの原因がある状態ですね…!
睡眠障害だと全然眠れないですよね…!

原因として、環境や生活習慣や、精神的、身体的などの病気がありますが、さまざまですね

睡眠障害には昼間眠くて仕方ない状態、朝起きたて、病的な運動や行動など、さまざまな病気が含まれているんですよね…!

睡眠障害の何が問題なのか?
原因は?
など様々な角度から見ていかないといけないです。

それではさっそく眠れない時にチェックするポイントを見ていきましょう!

ストレスまた緊張!心の病気

睡眠障害ではストレスと緊張が眠ることができない一つの原因として考えられています。
私自身、日々ストレスをよく感じる人間ではあるので、その時は大抵眠ることができないですよね。( ノД`)シクシク…

だって、考えて考えてしまい、頭の中がぐちゃぐちゃで、もう眠るどころではありません!
その時の対策して…

私なりに経験上、眠る方法は?

体を全力で疲れさせ私はこの方法で解決しました。
具体的には、筋トレやダッシュなどの走る運動をしたことで、脳が、考えることをやめてしまい、私の場合、キツイ、だるい、苦しいが先行していて、さっきまで考えていた、ストレスが別の考えにシフトしていました。

カラオケで大声で全力この方法も良く使います。
とにかく、全力で好きな曲を歌いきる。ひたすらに
私は喉が枯れるくらいに歌っていました。
だいたいこれで結構、ストレスがなくなっていくのに、気が付きます。

身体病気でも私が実践した、たった一つの行動!

身体の不調も睡眠障害の一つですね…
私は風邪を引いたときなどが、全然眠れない状態でした!
身体の不調は単純に眠りを浅くしてしまうので、あまりよくないですよね。

対策としては、きついですが、とにかく動くこと、頭を使う
私は頭を使う対策として、あえて大好きなゲームを一晩中ずっとやっていました。
また好きな漫画を見たり、ドラマを見たりなど…

あえて、好きなことを全力でやる

まあ、めっちゃきついんですが…
あなた自身が本当に好きなことであれば、どれだけきつくてもやるんですよね!
私自身が、漫画やドラマ、ゲームが好きすぎて、頭フラフラな状態でもやっていました!

そのおかげかもしれませんが、夜はよく眠れました。
もちろん夜眠る2時間前までは、一切してません

合う合わないがありますので、一度やってみてください!

関連記事

環境づくりを馬鹿にするな!

次に考える環境ですね、環境づくりは睡眠障害では本当に大事です。
部屋の明るさ、温度や湿度、匂い、寝具など、あなた自身が過ごしやすい環境づくりが、最高の睡眠をとれることにつながるので…

絶対に重要項目ですね

生活リズムの乱れが睡眠障害を引き起こす!

睡眠障害は生活リズムをしっかりと整えていくことは大事です!

正直夜勤などの仕事についてる人達はきついかもしれません。
やはり、生活リズムを整えるには昼夜逆転生活は送るべきことではないですね。

しかし…

夜勤で生活している人に関して言えることは、ちゃんとした、ルーティンを作ることが睡眠障害にならないための睡眠時間をしっかりと確保することが大事ですね!

関連記事

薬や刺激物などの副作用によって!

薬や刺激物などの副作用も睡眠障害につながります。
アルコールやカフェイン、ニコチンなどの刺激物も眠りを妨げるので、不眠気味のときは控えるようにしましょう。

要はお酒やコーヒーなどは控えてください
睡眠障害の原因になります。

私は寝る前に、お酒をよく飲んでいたので、睡眠障害になることがわかり、一切とは言えませんが、回数を減らしました。

私の場合だと3か月間で、体の変化として、すっきり目覚めることができているので、人それぞれ感じ方は違うと思いますが、絶対試すべきかと思います。

まとめ

睡眠障害についてまとめました。
正直日ごろの意識次第で、睡眠障害の対策は絶対できます。

ですが…

現実問題難しいでしょう!
私自身も継続するのが本当に難しく、悩んだ一人です。
続かなくてもまた、がんばろうって自分自身奮起していくことが重要なので…
少しずつでもいいので、あなた自身取り入れてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする