東京パラリンピック開会式・ブルーインパルスの時間や飛行ルートは?

今回、東京パラリンピックが8月24日から開催されることが決定されました!
楽しみにされている人も多いのではないかと感じます。

それに伴い、開会式では、オリンピック同様、ブルーインパルスの演出が再度、行われることが判明しています。

気になることとして、東京パラリンピック2020年の開会式では、ブルーインパルスの時間や飛行ルートが気になります。

調べてまとめました。

気になる人は続きを見てください!

東京パラリンピック2020開会式・ブルーインパルスの時間は?

東京パラリンピック2020年の開会式のブルーインパルスの時間が何時からでいつ飛ぶのか?
気になる人は多いのではないかと感じます!

調べた所…
結論として、東京パラリンピックの開会式の当日に空自の公式Twitter上で発表されることが判明いたしました。

空自の公式Twitter

なので…
現時点では不明ではあります。

何故、前もって、ブルーインパルスの時間を教えていただけないのか?
気になる人はいると思いますが…

調べた所によりますと…
世の中のコロナの影響があるようです。

前もって、時間帯を公表してしまいますと、ブルーインパルスの飛行を一目見ようと、人が溢れてしまうそうです。

密を避けるためにはどうしても、当日告知になってしまったそうです。

残念なことではありますが、コロナの世の中ですから仕方がないのかもしれませんね!

ですが…
実際の所…
何時から飛ぶのか、いつ飛ぶのか、飛行ルートも?予想するしかありませんね!

なので、次からはブルーインパルスいつ飛ぶのか?飛行時間の予想を見ていきましょう!

飛行ルートを先に知りたい人は【↓にスクロールしてください】

ブルーインパルス飛行時間の予想は?何時から・いつ飛ぶの

ブルーインパルスの飛行時間にに関して先ほども言いましたが…

当日にならないと、飛行時間がわかりません!

とても残念なことです!

なので私自身が、今回東京パラリンピックでのブルーインパルスの飛行時間の予想をしていきたいと思います。

予想

12時40分から55分

#東京2020 #オリンピック Blue Impulse展示飛行

上記の時間帯が一番可能性が高いです!

一体何故なのかと言いますと、上記の時間は、東京パラリンピックの開会式、当日に行われました、ブルーインパルスの飛行時間帯です!

実際上記の時間帯に行われました。

15分間という短い時間ですが…
凄く感動します!

本当に凄いです。

そして…
今回のパラリンピックでも、同様、同じ時間帯、もしくは、多少前後する時間なのではないかと感じます。

実際、具体的時間は先ほども何度も伝えた通り、公表されていませんが、日中に飛行することは公表されているようです。

なので、上記の時間帯が一番可能性しては高そうです。

ですが…
あくまで予想なので、一番確実なのは空自の公式Twitter上で発表を待って、当日に確認することが大事だと感じます。

最後にブルーインパルスの飛行ルートをみていきましょう!

飛行ルートが気になる!

東京パラリンピック開会式のブルーインパルスの飛行ルート続いて予想していきます。

飛行ルートに関してはこちら…

上記のTwitter上に載っています画像は、実際東京オリンピックのブルーインパルスが飛行ルートが載っています。

空自が発表されているんですよね!

なので、東京パラリンピックでも上記の同じ飛行ルートをたどることが一番予想として高いと感じます。

わざわざ違う飛行ルートを行う可能性も十分考えられますが…

前回同様、同じような飛行ルートをたどる可能性は十分考えられます。

前回飛行ルートをわかりやすく伝えていきますと…

1、東京都庁

2、東京タワー

3、東京駅

4、東京スカイツリー

5、国立競技場上空

上記の順番の飛行ルートだったそうです。

なので…
上記の場所にいれば、ブルーインパルスが飛んでいる姿が見られる確率が高そうです!

人気記事

まとめ

東京パラリンピック2020開会式のブルーインパルスの時間、開会式の当日に空自の公式Twitter上で発表することが判明しました。

なので、現時点ではわりません。
予想として、前回同様、お昼後の12時40分から55分頃までの時間帯なのではないかと予想しています。

飛行ルートに関しても、前回と同じ

1番~5番までの飛行ルートを辿る可能性があります。
もちろんあくまで予想なので、全然違う時間帯、飛行ルートは十分可能性としても考えられます。

当日は空自の公式Twitter上で発表を待ってください。
こちらの記事でもわかり次第追記していきます。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ